デバックとエリ草ー

ゲームのプランナーの仕事をしていると、かなりの頻度「デバック」と書かれているのを書類やメールで見かけます。

というのを書いていたら──今「でばっく」とタイピングしたところで、
ATOKさんが【「デバッグ」の誤り】とおっしゃいました。

そういうわけで、バグを見つけて修正するから「デ【バッグ】」なわけで。
バクを見つけるわけでは。なくて。まぁ単なる間違いです。

■デバッグとは何をすることなのか?

名称はそれほど大事ではないのです(気になるけど)。
それより危険なのは、

ゲームにおけるデバッグ=ゲームをひたすらプレイしてバグを見つける

だと認識している人がけっこういる。気がする。
だからデバッガーさんは一日中ゲームをプレイしているんだろ、と。
ゲームが動いたらデバッグ会社さんにお願いして、バグを見つけてもらうんだろ、ってことなのでしょう、けれど、も。

半分合ってて半分まちがい。
正確には、

『仕様書』と『実装』が合っているかをチェックする

のがデバッグです。
スマホなら

・ゲームの仕様書
・絵素材やテキスト素材のリスト
・パラメータなどの設定ファイル
・DVD なり apk なり ipk なりのビルド=実装

などをデバッガーさんに渡して、仕様通りに実装されているかを確認してもらうわけです。

だからずっとゲームをプレイするのはまぁ、正しい。

そのとき、デバッガーさんは仕様書片手に、その仕様書通りに実装(動作とか絵とか音とかテキストとか)されているかを確認しながらゲームをチェックします。

仕様書があって、それを元に作ったわけで、仕様と実装は同一のはずです。
この大前提を持って、デバッガーさんはチェックをします。

じゃないと、初見のゲームの実装だけを見て、ある動作が正しい(仕様=制作者の意図通り)のか、不具合なのかは判断ができません。

フリーズしたとかアプリがクラッシュしたとか、誰が見ても「不具合だろ」というものは仕様書が無くても分かります。

■デバッガーさんの思考

たとえば。「RPGの最初の戦闘で、敵を倒したらレベルが2個上がった」場合。

別に普通じゃん?とか、ちょっとサービスしすぎ?とか考えるかもしれませんが、それはプレイヤーの視点です。

今デバッグプレイしているのは、「完成前の、バグや実装ミスがあり得るゲーム」なのです。すべての挙動が(言葉通りの「すべて」です)仕様書通りなのかをチェックしないといけません。

・最初の戦闘で出るべき敵の種類を仕様書で確認
・出現する設定通りの敵なら、手に入った経験値を確認
・キャラクターの経験値/レベルの資料を確認
・レベルが一度に2個上がることがしようとして許容されているか確認

……などなどのチェックを経て、問題なければ「この動作は仕様通り」となって次のチェックに進みます。

さらっと飛ばしましたが、「レベルがいっぺんに2個上がるのは正常か異常か?」というところが気になるかどうかは、そのデバッガーさんの感覚です。

いっぱいゲームをプレイして、脳内にあるデータベースにそのプレイデータが蓄積されています。

その中から「この状況はあまり見たことが無いのでもしかしたらバグかも」というのがあれば、そこから仕様書の確認などが始まるわけです。

こういう「ゲームプレイヤーとしての経験値」が必要なのは、デバッガーさんもプランナーさんも変わりません。まぁどっちも同じ開発者ですから。

デバッガーさんから「仕様書をください」と言われるのは、今にして思えば当然です。だって、ROMだけあっても停止バグのチェックくらいしかできませんし。

でも、僕がゲームの仕事を始めた18年ほど前は「仕様書と実装をつきあわせてチェックする」のがデバッグだと認識していなかったのでした(品証のみなさますみません)。

ということで。

デバッグってのは、『仕様書』と『実装』が合っているかをチェックすること、です。自戒を込めて。

あ。

タイトルの「エリ草ー」は、「エリクサーってどんな草なんですか?」と聞かれたことがあったから。この視点は無かった。

薬草は回復するでしょ、エリクサーも回復するでしょ、だからなんかの草なんでしょエリクサーって、というロジック。素敵なセンスだと思うー。

夕方の青空がすき。

夏になると、沖縄の空はとても「らしく」なります。
入道雲が高くそびえる、青色の空。
強い日差しに照らされた、コントラスト強めの景色。
海に囲まれて風があるので、雲の流れが本土よりも速いです。

宮古島の夏。

観光で来ていた頃はとにかく空と海の青さにびっくりして。
一日中歩き回っていました。こんなに蒼い空って、神奈川ではあまり見ることなかったですから。
逗子や横須賀まで行けば抜けるような空もありましたが、ここまで完璧に「青!」ってのは沖縄ならではだとおもいます。

そんな沖縄の空で、一番好きな時間帯が夕方なのです。

朝早くとか、午後の強い日差しの青空もいいのですが、僕は夏の夕方、17時くらいの空がとてもとても好きです。

沖縄は日本の中では南に位置するので、東京よりも日暮れが遅いです。その分日の出も遅くて、ようするに時差のようなものがあります。
別に時計をずらしたりはしませんけど、サマータイムのようなモノだと思っていただければと。

ですんで、夏の沖縄で17時、というと関東では15時くらいの明るさです。

17時過ぎの壺屋、南窯。

日が傾いてはいるのですが、強い日差しで明るいです。そして空の青さが昼間とは違ってきて、薄い青というかブルートパーズ……いやブルーグリーンアパタイトくらい(わかりにくい)。

仕事帰りにゆるゆると壺屋を歩いていると、一息つける気がします。
17時過ぎには観光客もいなくなっていて、お店も半分くらい閉まっていて、とても静かな雰囲気なのです。

お気に入りは壺屋博物館横、駐車場へ続く坂の右手にある南窯の広場。

こんな感じで文化財になってます

登り窯を囲むようにガジュマルが生えていて、ちょっと昔の景色そのままが楽しめます。高さもあるので風が通って気持ちいいのです。

猫さんも涼みに来ます

ちなみに今は、14時前後はなるべく外を歩かないようにしています。
気温が高いのはもちろん、一日の中で日差しが一番強いのがこの時間帯。
ビーチに出たりしたら日焼け……を超えてヤケドみたいになります。
ですので、夏のお散歩に日焼け止めは必須です。
※日焼けしたくない、とかではなく、痛い目を見ないために。

シーサー増えてた!もふもふになってた!

10分ほどぼんやりしたのち、壺屋からてんぷら坂に抜けて家に向かいます。
18時を回っても、夏はまだ明るい沖縄なのです。

 

湿気との戦い2018

沖縄本島は、例年5月に梅雨入りになります。
今年も梅雨入り宣言は5月中に出されて、いち早く梅雨シーズンになった那覇市です。

──が。

抜けるような青空に、連日30度を超える猛暑。
梅雨を飛び越して、もう真夏になっちゃったみたいです。

年中湿度高めの沖縄、梅雨シーズンは湿気との戦いが激化します。

水回りはもちろんのこと、棚の裏側とか畳とか、とにかくあちこちにカビが生えます。ソファとか座布団は毎日でも干さないとカビの匂いがしてきます。

個人的に困るのは、本を含めた紙モノがしわしわになること。本棚に入れてある本が濡れてしまうほどではないのですが(今のところ)、机の上に置きっぱなしにしてた、開いたままのメモ帳なんかは湿気を吸ってしまいます。

レザー系の小物も、毎日使ってる分には問題が無いのです。でも、押し入れにしまってあるベルトなんかがカビます。

さらにはガジェット類もカビます。液晶パネルの内側にカビが発生したときは衝撃でした。また、この湿気ゆえにゴムが加水分解しやすい(べたべたになる)ので、ゴムっぽいコーティングがされたスマホは、保存方法に注意が必要です。

Pomera DM20とか、Palm Treo 750あたりが溶けかけました。

革小物とかガジェット類は、カメラ用のジップロック的なモノに、乾燥剤と一緒に入れて保存してます。
あとはエアコンのドライを入れっぱなしです。電気代がすごそうですが、入れっぱなしだとそれほどでもない印象。月に+3000円くらいでしょうか。むしろカビが大量発生したあとの処理が面倒なので、その防止コストと思えば安いです。

風通しを良くすれば問題ないかという気もしてるんです。
こういう感じの

識名園のお屋敷の中

ひと昔前のおうちなら、がらっと開け放すことができるようなんですが──アパートではいかんせん無理でした。窓を全部全開にしても風が回らないんですよね。

というわけで、青空を見上げつつ、ドライを全開でお仕事しております。
今日も晴天、雨は降りそうにありません。