GUのセルフレジがすごかった

あちこちで見かけるようになったセルフレジ。
沖縄だとイオンやマックスバリュなどのスーパーにあります。

混んでるときや、ジュース1本だけ買う、なんて時には通過が早いので便利ですよね。僕は使えるときにはセルフレジに行くようにしています。

そんなセルフレジが進化してました。

いわゆるセルフレジって、商品のバーコードをスキャナに通して、値段を一個ずつ入力して最後に支払い、というシーケンスでした。

ところが、サンエー西原シティに入っているGUのセルフレジは、初めて見るタイプでした。
これがめっちゃ便利なのです。

流れは簡単で、

1)買いたい物を持ってセルフレジへ行く
2)レジの下部にフタがあり、そこを開けて買いたい物を全部入れる
3)入れられた全商品のRFIDタグを読み、2~3秒で画面に価格が表示される
4)支払い(カードも可能)
5)自分で袋詰め

というかんじ。
一個ずつじゃなくて、全部まとめて放り込めるので早いです。

帰宅してから値札を眺めていたら、ありましたRFIDタグ。

この方式、ニュースやテック系ニュースでは見たことありましたが、実店舗で体験したのは初めてでした。
とーっても楽です。あと早い。ついでに楽しい。

GUの店舗では、2017年から導入を開始したとのことなので、全国にあるんですね。
首都圏だと店舗も多いから導入店舗も多そう。

RFIDタグは使い捨てになりますから、その分のコストがかかるんですけど、在庫管理やレジの人的コスト等々とトレードオフですね。

最初は「あれ、これ全部まとめて入れて良いの?」って悩みますけど、近くに居る店員さんが教えてくれるので大丈夫そうです。

普及するといいなぁ。

通話機能とハードウェアキーボード

かつて、PDA(Personal Digital Assistant)というジャンルの商品がありました。

HP200LX、PalmPilot、Zaurus、CLIEあたりまででしょうか。
80年代後半〜2000年初冬くらいまでは、ヨドバシの店頭にもあった気がします。

今このジャンルはスマートフォンに置き換えられたので、懐かしモノとして語るくらいしかできません。面白いのにー。

ていうか、どれも5万円以上したうえ、今のスマホのほうが遙かに高機能です。
単体で通信できたのはW-ZERO3くらいですし(Treo650はGSMだし。Treo750は単体通信できたけど、技適通ってない)。

CLIEに3G通信が載ったら良かったのにな、とか古い人は思います。

で、スマホ。

超多機能です。

単体通信は当然、アプリのインストールも母艦との同期も。
同期もクラウド越しにできるから、端末が壊れてもそれほど痛くない(お財布は痛い)という便利さ。

進化したなーと思いつつ、スマホで開発しているといつも思うことがあります。

電話機能、アンインストールしたい!

自分が電話しない(音声通話ならSkypeなりFacebook Messengerなりで十分)とか、アプリ起動中に着信しちゃう(電話なんだから当然ですが)と、処理が面倒。

スマートフォンからフォンを取っちゃうとただの計算機ですが、それでいい。

……という話をしてたら、「タブレットじゃダメなの?」「ファブレットもあるよ」と言われたんですが、スマホサイズで電話機能が無いのがほしいんですよね。

MVNOのデータ通信専用SIMを差せばほぼ実現可能だけど、
それをやるのは特殊な人々だと思いますし。

それから逆に欲しいモノ、

ハードウェアキーボード。

フリックもソフトウェアキーボードも慣れはしましたが、やっぱ物理キーボードが欲しいわけですよ。

HP200LXのポチポチ感。あれがとても素敵。

Galaxy S7 edge以降は純正のキーボードケースがあるけれど、日本語入力に対応していないんですよね。惜しい。

そんなわけで、今日も「通話機能がOFFできて」「ハードウェアキーボードつき」端末を待っております。

……まぁ、

iPhone8 + Pomera DM100

この組み合わせでも十分快適だったりして。

Gemini PDAも気になりつつ。

 

湿気との戦い2018

沖縄本島は、例年5月に梅雨入りになります。
今年も梅雨入り宣言は5月中に出されて、いち早く梅雨シーズンになった那覇市です。

──が。

抜けるような青空に、連日30度を超える猛暑。
梅雨を飛び越して、もう真夏になっちゃったみたいです。

年中湿度高めの沖縄、梅雨シーズンは湿気との戦いが激化します。

水回りはもちろんのこと、棚の裏側とか畳とか、とにかくあちこちにカビが生えます。ソファとか座布団は毎日でも干さないとカビの匂いがしてきます。

個人的に困るのは、本を含めた紙モノがしわしわになること。本棚に入れてある本が濡れてしまうほどではないのですが(今のところ)、机の上に置きっぱなしにしてた、開いたままのメモ帳なんかは湿気を吸ってしまいます。

レザー系の小物も、毎日使ってる分には問題が無いのです。でも、押し入れにしまってあるベルトなんかがカビます。

さらにはガジェット類もカビます。液晶パネルの内側にカビが発生したときは衝撃でした。また、この湿気ゆえにゴムが加水分解しやすい(べたべたになる)ので、ゴムっぽいコーティングがされたスマホは、保存方法に注意が必要です。

Pomera DM20とか、Palm Treo 750あたりが溶けかけました。

革小物とかガジェット類は、カメラ用のジップロック的なモノに、乾燥剤と一緒に入れて保存してます。
あとはエアコンのドライを入れっぱなしです。電気代がすごそうですが、入れっぱなしだとそれほどでもない印象。月に+3000円くらいでしょうか。むしろカビが大量発生したあとの処理が面倒なので、その防止コストと思えば安いです。

風通しを良くすれば問題ないかという気もしてるんです。
こういう感じの

識名園のお屋敷の中

ひと昔前のおうちなら、がらっと開け放すことができるようなんですが──アパートではいかんせん無理でした。窓を全部全開にしても風が回らないんですよね。

というわけで、青空を見上げつつ、ドライを全開でお仕事しております。
今日も晴天、雨は降りそうにありません。

なんで分解しないの?

……と友達に言うと、いや普通そんなにバラさねぇよ、と言われます。
たぶん、「ちっちゃくていっぱい詰まっている機械」を「分解して」「中を見る」のが好きなんだと思います。

無機物に対象が向いたジャックちゃんというか。そんな感じで。

 

3DS/PlayStation4の「ドラゴンクエストXI」が発売になりました。
もちろん発売日に購入してプレイ中です。

2Dのドット絵Verでプレイしたかったので、迷わず3DS版を購入。
1周したら、PS4版で再プレイしようという算段です。
なんていうか、ファミコン版からPlayStation移植を疑似体感するような気分で。

で、プレイ中にキャラが勝手に走るようになりまして。

故障でありがちな、アナログスティック周りの暴走です。
バラしてスイッチ入れ替えればいい……んですが、すぐにスイッチ部品手に入りそうにないってのもあり、おもむろにジャンク屋さんへ。

この春、小禄にハードオフができまして。
沖縄だと、宜野湾にもあるんですがハードオフ。ちょっと遠い。
小禄のは場所も便利なのでよく利用しています。

先日は「ほぼ新品のバーチャルボーイ 25,000円」を見つけて長考に入り、いや今はいらんだろとか考えて帰ってきたりしてました。
沖縄のギークな方、どなたか是非。

で、ハードオフで壊れた3DS買ってきてニコイチしようと思ってました。
そしたら、不動品のNew 3DS LL(バッテリー無し、液晶割れ)が。1,000円で。2台もありまして。

Junk 3DS見た目以上にJunkです

一瞬だけ迷って、両方とも買ってきました。
こういうのがジャンク屋さん巡りの醍醐味でして。

気軽にバラせますし、内部構造が見られますし、1,000円の教材だと思えば格安だと思います。
使ってる機械を分解しちゃうのはリスクがありますけど、これなら1,000円+時間だけ、ですし。

蓋を開けたら、書かれていたとおりバッテリ抜かれていたので、別機のを入れて起動テストです。

junk 3DS LL -2あっさり起動

確かに上画面は割れてるけど、液晶だけなので(さすが任天堂、頑丈にできてる)、入れ替えれば動きそう。

液晶パネルは3DSと共通(一箇所、フレキケーブルの長さが足りないので延長の必要有り)なので3,000円くらいで手に入れれば、バッテリ込みで6,000円のNew 3DS LLが完成です。

しかも内部構造覚えられるので壊れても自分で直せます。

 

同じ事はノートPCでもできまして、Macbook Air 11′(2010)を20,000円ちょいとかで作れました。
MBA、キーボードまでアクセスするのは手間なんですが、バッテリ交換ならネジ外すだけなので簡単です。

core i5のLet’s Note J10も同じくらいでレストア。
SSDに入れ替えてジャンクメモリ2GB足したらかなり快適です。

「パソコンが高くて買えない」ってのをたまに聞くので、こういの活用するのもいいんじゃないかなーっておもいます。
PCの知識とか手に入りますし。